経理

なぜ、今、デジタルインボイスなのか ~デジタルインボイスを活用した新しい価値の創造~

見どころ

  • 財務省主税局においてインボイス制度の設計に携わった、デジタル庁国民向けサービスグループ企画調整官の加藤 博之 氏が講師
  • 「デジタルインボイス」や「Peppol(ペポル)」の活用で、バックオフィス業がどのように変化し、いかなる価値が生まれるのか、皆がイメージできるよう解説

講演概要

「デジタルインボイス」や「Peppol(ペポル)」について、どのようなイメージをお持ちですか?デジタルインボイスの活用が進むことで、経理業務を中心としたバックオフィス業務がどのように変化するか、イメージできていない方も多いと思います。 本セミナーは、デジタル庁でPeppolに対応したデジタルインボイスの普及をリードする加藤博之氏によって、デジタルインボイスの活用が業務にもたらす変化と価値について解説します。 解説の後は、OBCより、『奉行Edge 請求管理電子化クラウド』を活用したデジタルインボイス対応の実現手法を紹介します。
加藤 博之 氏 デジタル庁 国民向けサービスグループ 企画調整官